通販で買える小さめのカラコン

普通のサイズのカラコンだと黒目が大きく見えすぎてしまう、という理由で小さめサイズのカラコンを探している人がいると思います。
そういった人には通販でカラコンを買うのをおすすめします。
まず、おそらく市販のカラコンの中で着色直径が一番小さいカラコンがフォーリンアイズのミニカラコンだと思うのですが、実店舗だとそんなにどこにでも売っているわけではないと思います。

実際に確認したわけではありませんが、取り扱い店舗はそんなに多くないような気がします。
そういう場合にはフォーリンアイズの通販サイトで購入できます。
しかしフォーリンアイズのミニシリーズは1ヶ月使用タイプのみの取り扱いなので、ワンデータイプの小さめカラコンが欲しい人は別のカラコンを購入する必要があります。
そんな時に便利なのがモアコンタクトというカラコン通販サイトです。

モアコンタクトの何が便利なのかというと「カラコンの着色直径でサイト内のカラコンを検索できる」という点です。
例えば「着色直径=12.9mm」を選んで検索するとモアコンタクトで扱っている着色直径12.9mmのカラコンが全部出てきます。
「何ミリを指定して検索すればいいかわからない」という人は、まず自分が今使っているカラコンをモアコンタクト内で探してください。
そこでそのカラコンの着色直径を調べます。
今自分が使っているカラコンの着色直径がわかったら、それよりどの位小さいのがいいのかを考えます。

たとえとして、今使っているカラコンの着色直径が13.5mmだったとします。
自分がカラコンを付けた写真や鏡を見て「ほぼ今のサイズでもいいけど、もう少しだけ小さければなお良い」と感じるようでしたら、13.4mmや13.3mmから試してみてはどうでしょうか。
もし「13.5mmでも完全に宇宙人状態なんだけど・・・」という場合には思い切って13mmで試してみてもいいかもしれません。

1回でジャストの着色直径を見つけ出すのは難しいので、まずは失敗覚悟でいろいろな着色直径のカラコンを少しづつ試していく必要があります。
「着色直径はこれでいいけど、今度は発色がいまいち・・・」なんてこともあり得ますからね。
こういう面倒な作業もモアコンタクトなら簡単に調べられるので、とてもおすすめです。

参考サイト
http://xn--48jueof6a3u6bv756b.biz/
(カラコン小さめ|小さめのカラコンが買えるショップ)

夏が来る前にオイリー肌用の化粧下地を用意しておこう

オイリー肌の女性にとってお肌が一番気になる季節は夏ではないでしょうか。
皮脂と汗で顔がテカテカ、化粧崩れでファンデーションがドロドロに・・・
汗で毛穴も開きがちですしね・・・
夏になってから慌てないためにもまだ寒い今のうちに何かしておきたいところですね。
そこで一つの提案があります。
オイリー肌用の化粧下地を今のうちに見つけておくことです。
化粧下地は人によって合う合わないがあるので参考程度に読んでほしいのですが、MIMURA SMOOTH SKIN COVERというオイリー肌の人向けの化粧下地があります。
まだそんなに有名ではないかもしれませんが雑誌などでの露出も少しづつ増えてきている注目商品です。
この下地はパウダー配合で皮脂による顔のテカリを抑えてくれます。
そして顔のクレーター状のデコボコもカバーしてくれます。
商品の容器は結構小さいのですがごく少量を薄く伸ばして使うので一度に使う量は少なく、目安として1個で約2か月間使えます。
そして、SPF20が紫外線からお肌を守ってもくれます。

この他にもシルキーカバーオイルブロックという商品があるのですがそれは参考サイトの方でチェックしてください。
参考サイト:オイリー肌 下地

20代女性におすすめのファッション通販サイト

20代の女性におすすめのレディースファッション通販サイトを紹介しようと思います。
20代だとまだ学生の人もいるでしょうし高級ブランドではなくプチプラブランドでピックアップしました。
まず最初に紹介するのがGRL(グレイル)というショップです。
このショップは最先端の流行のレディース服を扱っていて、それでいて値段がとても安い人気のショップです。
服だけではなくバッグやちょっとしたアクセサリーなんかも扱っています。
年代としては10代~20代に特におすすめなので20代は問題なく着こなせるはずです。
○○系というようにファッションの傾向を表すのは難しいのですが、とにかく今流行の服が買えます。

次に紹介するのがsoulberry(ソウルベリー)という名前のショップです。
ここは20代~40代くらいの人に似合いそうなナチュラル系の服を中心に扱っています。
ナチュラル系だけどガーリーな感じもあってとってもかわいいです。
このショップもGRL同様もう人気のショップだといっていいでしょう。
soulberryは本店以外にも楽天などにもいろいろ支店があります。
大きめサイズの服なんかも扱っています。

そして次がpierott(ピエロ)というショップです。
このお店は大人女性向けのショップで、今まで学生だった人が社会人向けの落ち着いたファッションを取り入れていきたいというときにおすすめです。
もちろん既に働いているOLさんの通勤服や私服にもおすすめです。
大人向けのコーディネート例がたくさん提案されているのでとても参考になります。

とりあえずここではこの3ショップだけ紹介しましたが続きは↓のサイトで見てください。
この記事も↓のサイトを参考にして書きました。
20代 レディース服 通販 安い

テスト投稿

「ジャン・クリストフ」の世界で、それぞれの女性たちは、その優れた美しさや知性や熱情にかかわらず、これまでどおり、社会関係の中では男に対する女としての角度からよろこび、悲しみ、波瀾にもまれている。彼女たちはジャン・クリストフの感性から働きかけるだけの存在であった。アンネットにおいてはロマン・ロランは男と同様な人間であり、人間の男が男であるとおりに、人間の女が女である女らしさをうち出そうとした。社会関係に対して動的な女性、単に習俗にしたがうよりも自分にとって人生の原則と感じられる動機によって行為を選択して生きる女性。ロマン・ロランは、アンネットによって、最も現代史を積極的に生きとおす可能をもった女性の発端の歩みを示したと思われる。
 明日のフランス文学は、アンネット以後のアンネットを、どのように描くだろう。なぜならアンネットは「魅せられたる魂」の中に自分を限らず、今日ほんとに世界に生きているのだから。世界の平和と正義のためにたたかい、いくたの経験をなめているキュリー夫人・ロットン夫人・クーチュリエ夫人などの活動のうちに誠実なアンネットは生きつづけているし、彼女の善意の試みやいくつかの矛盾は、より解決に向って発展させられつつある。ロマン・ロランの精神の潔白とその人間らしい複雑な美に感動することのできる世界のすべての国々の女性の生活のうちに。そして「私は常に活動的な人々のために書いて来た」(一九三三年)と云ったロマン・ロランの真実にうなずくのである。

 二十人ばかりの職場からの若い連中が集っているのだが、椅子が人数だけない。山羊皮の半外套を着た若い労働者が三四人、床の上でじかに膝を抱え、むき出しな板の羽目へよっかかっている。
 四十がらみの、ルバーシカの上へ黒い上衣を着た男が立って報告しているところだ。
「タワーリシチ! われわれは工場新聞と各職場の壁新聞を動員して、少くとも九百人の文学衝撃隊が集められるだろうと思う。
 どんなことがあっても、それより少いことが、あっちゃならない。
 われわれは、生産経済計画を百パーセントに充すとともに、文化戦線を閑却してはいけない。九千人の労働者から九百人の文学衝撃隊は、ちっとも多くないんだ。寧ろ少い!」
 カサのない電球が天井から二箇所にぶら下って室内を照している。緊張した空気だ。
「職場における文学委員たちの任務は」
 直ぐタラソフ・ロディオーノフが、党員らしいきっぱりした口調で坐ったまま始めた。
「これまでみたいに、自分一人手帖をゴチャゴチャ書きよごすことにはないんだ。タワーリシチ! 一般の自発力をひき出すことだ。壁新聞を、発行者たちの独専にしてはいけない。壁新聞を通じ、工場新聞を通じて、一般大衆の日常の闘争を、生産経済計画完成への闘争をとりあげて行かなけりゃいけないんだ!」
 いいところへ来合わせた。
「鎌と鎚」工場の文学研究会が、新経済年度のはじまりといっしょに、再組織されようとしているところだ。

 ピオニェールたちの間にも段々写真が普及しはじめた頃、私はかえって来たのであった。
 この間うち新聞社の主催で大々的に行われたカメラ祭というものは、未曾有の催しであった。下岡蓮杖の功績が新しく人々の科学常識の間にとりいれられたのは結構であったし、カメラを愛好する若い人々にとって、ターキーの舞台姿のポーズをとられたのも、鎌倉の波うちぎわで舞う女の躍動をうつせたのも、楽しいことの一つであったにちがいない。
 私はヴォルフの写真帖などを一つ二つ知っているだけであるが、カメラの美しさについては無関心ではないのである。軍需工場に働いている青年労働者は、昨今、景気のいい方の組で、かなりの金が手に入る。金はあるが、つかい道に困る。急に金は持ったが、これまでの文化はそういう若者の日常生活にとざされていたので、所謂気の利いたつかい道が見当つかず、女遊びをすると云ってもやはりこれまでの工場の若者が通った私娼窟へ金を流すという風であるそうだ。
 カメラが、こういう青年層へ急激にひろがって行きつつある。手近で、集団的な生活に小さい愉しみをもたらす手段ともなるのであるから、地味な気質の勤労青年たちがカメラにひかれるわけも分る。午ごろ、お濠ばたを通りかかると一時間の休み時間を金のかからない外気の中で過そうとするあの辺の諸官庁会社の、主として若い連中が三々五五、芝草の堤にもたれたり、お濠の水を眺めたりしている。なかに、小型写真機を胸の前にもって、松の樹の下に佇んでいる同僚をうつしているつつましい背広姿もよく見かける。外国であったら、その時松の樹を背景として立っているのは、陽気に皓い歯並をキラメかせている同僚の女の子であるだろうのに、お濠のまわりの人目の多いところでは、殆どいつも男が男の仲間をとってやっているのも如何にも日本らしい。